募金「ビジネス」というか、ほぼ募金「詐欺」

私自身、寄付をするのに「部外者」を経由して行ったことがないので、今まで募金を呼び掛ける団体なんてものには興味がありませんでした…。

ところが、ネット上である記事を見かけます。

「日本ユニセフに募金をすると、一定割合で『経費』として中抜きされた上で送られる…。」

つまり、みんなの募金にたかってヌクヌクとしている人がいるわけで、「無償の拠出を求めておいてそんな事ってある?」というのが素直な疑問です。

一例として:日本ユニセフ協会

日本ユニセフ自身からネット上の「デマ」に対する反論が出ていますが、いくつかの記事を見ているうちに「(今は代わってるみたいだけど)アグネスが胡散臭い笑顔を振り撒いて活動する団体」という印象しかなくなってきました…。

「ユニセフ」と「日本ユニセフ」の違い

「ユニセフ」と「日本ユニセフ」は別物であり、決定的なのは次の点

・ユニセフ東京事務所(渋谷区)… ニューヨーク本部直轄の国際機関事務所

・日本ユニセフ協会(港区) …日本国内の財団法人。

前者に寄付をすれば、全額が国連ユニセフへ。後者に寄付をすれば、財団の経費として約25%が役員報酬、退職金などの名目で抜かれ、残りが国連ユニセフへ。

日本ユニセフの存在意義とは

国連のユニセフに送金するのが主な目的なら、同じ事をしているならば、ユニスフ東京事務所の口座かなんかを宣伝しておけばいいのでは?と思うのが普通ではないでしょうか。

まるで請負の中間業者の様に何してるのか良くわからないです。

つまり、そこまで存在価値はないのでは。

「募金ビジネス」のチョロさ

しかしこの「募金ビジネス」、良く良く考えてみると、とてつもないチョロい商売です。

綺麗事を言って、人々の善意にただ乗りし、一部を自分達の給料にして、横流しするだけですもの。

色々な団体が色々な名目で「募金」「募金」うるさいわけですよ。こんなの募金をする気が無くなる。

子供の頃はあまり考えてなかった、赤い羽根や緑の羽根募金てどうなっているんでしょうね。「生徒会()」諸君筆頭に、知らず知らず「大人の手先」としてせっせと働いていたんですかね。

もちろん、募金の呼び掛け事態が単なる嘘の場合は話にならないですけれども。

ただの雑談カテゴリの最新記事