違法行為擁護の芸能人はまとめて謹慎でどうぞ

違法行為をした芸能人は叩かれて当たり前

芸能人だから目立つのか、不倫、薬物、性犯罪、生活保護の不正受給等々、芸能界は汚いというか基本的に下品なイメージがあります。

どうしてそうなのかは今回検討の対象ではないので、それはさておき。

「芸能人が何か不法な行為をしました→謹慎します&損害賠償の嵐」となるのは当然です。

実態はどうであれ芸能人はイメージを売っているのだし、一応「公共の電波」の建前である以上、違法行為を行っている「犯罪者」を平然と出すのは筋が違います。

「犯罪者」についてるスポンサー、「犯罪者」の出てる番組にお金を払うスポンサーにとっても、企業という「半公共的」存在からすれば、犯罪者を肯定しているような「ダーティー」なイメージが付くのを避けたいわけです。

もちろん番組・映画等コンテンツ制作側にとっても、当然、視聴率・動員数等も考慮し、その芸能人のイメージを当てにしてキャストとして抜擢している要素はあります。

ファン等にとってみても、漠然と抱くイメージがあって応援しているわけです。少なくとも違法行為をする等と思ってもいないでしょうし、普通犯罪行為をしている人を応援して犯罪を助長しようと思う人は稀です。

そういう意味で、芸能人が違法行為をしようものなら、それは全ての人の信頼を裏切るわけで、全員から叩かれてもやむなしでしょう。

わざわざメディア・SNSで犯罪者を擁護する意味不明な奴ら

「一回の失敗くらいで」式の頭の悪い擁護

まず目につくのが「一回の失敗くらいで(こんなにバッシングしなくても  or 市社会的制裁を受けなくても)」的なコメントです。

「一回の失敗」とは言いますが、不倫・薬物・性犯罪・生活保護の不正受給等々、どれも全部する前からダメだって分かりますよね?

許されるべき「一回の失敗」というのは、例えば、スポーツ選手が決定的な場面で失敗をしてしまった、会社の経営者が一回判断を誤ってしまった、普段そつなく仕事をしている人が一回ミスをしてしまった、というように、「真剣勝負」の中の「やむを得ない一回の失敗(ミス)」の事です。

どんな場合が「一回の失敗」として許されるのか、よくよく考えて発言をしてほしいです。

「あいつは本当は悪い奴やない」式の、やはり頭の悪い擁護

他にもよくあるのが「あいつは本当は悪い奴やない」「あいつは根は良い奴なんや」的な言葉です。

関西弁にしたのは他意はありませんが、でも芸人に多い気がするので結果的に関西弁で同旨の言葉を目にすることが多い気がするからです。

これも発言する前に、わざわざメディアに乗せる程のコメントなのか、発言の前に良く考えて欲しいです。

例えばですけど、どんな凶悪な犯罪者だったとしても、裁判の情状のところで身近な人から「本当はこんなにいい人」という擁護は出てきます。

というか、そもそも根っからの悪人はすでに社会不適合者なので、社会で生活できてないでしょう。

「普段は良い人だけれども、そういうことしてしまうからダメだよね」ということでバッシングされているわけなので、アホな擁護で「皆」の神経を逆なでしない方が良い。

擁護する奴は全員まとめて謹慎でどうぞ

ということで、誰がどんな擁護をしようと大抵は受け入れられるハズもなく、それについて憤っている「同じ穴のムジナ」みたいな方々がチラホラ散見されることが多々あります。

仮にそんなホイホイ復帰できたとしたら各種犯罪の意味合いが軽くなってしまうし、それを見た人が「大した事ないんだな」なんて思うようになっても困ります。

真に受けた残念な人から出るであろう「こんなに大事(おおごと)だとは思いませんでした、今は反省してます」的な、頭の弱い人の典型的な弁解も大嫌いです。

ただでさえ普段からトーク番組要素の強いバラエティーを見る層の民度を下げているのだから、これ以上下げるような真似をしないで欲しいです。

しょうもない擁護は、当該犯罪行為を助長(ないし幇助)しているわけですし、犯罪行為者同様に扱われるべきです。

まとめて謹慎してどうぞ。

ただの雑談カテゴリの最新記事