子のDNA鑑定を男性の権利に

実は親子関係がありませんでした…

何年も我が子だと思って育てて来た子供が自分の子供ではないと知ったとき、真面目に育てて来た父親は何を思うのでしょうか。

「子供に罪は無い」という言葉

真面目に働いているお父さんが、どうして無責任な立場からチヤホヤして来るだけのバカ男と、それに舞い上がるアホ女の間にできた子供に責任を持たないといけないのか。

「子供に罪は無い」というのは「加害者」から語られるべき言葉ではないし、「加害者」が「被害者」たる男性に負担を押し付ける文脈で使用されていいはずがないです。

望んでいない血縁関係の無い子供との間の父子関係に、無理やり法的親子関係なるものを犠牲してまで「父親」に負担を強いるのはおかしい。むしろ、何が何でも不倫男を捕まえて金を払わせ、その子についてはアホ女と共同で責任を負わせるのが筋でしょう。

DNA鑑定の権利化を

母親というのは、基本的には実際に出産をするわけで、仮に病院かどこかで取り違えられて実の子供ではないとなったとしても、少なくとも自分と血縁関係のある子供がこの世に存在することは分かるわけです。

この点、父親というのはよほど似ている場合などを除いては、「本当に俺の子か?」という疑念が生じる事もあり、場合によってはその疑念にずっと苛まれるわけです。

父親がDNA鑑定をしたいと言おうものなら、妻に「私の事が信用できないのか!?」とヒステリーを起こされたなんて話を読んだことがありますが、出産をしない男にとってはやむを得ない面もあると思います。

結婚したからと言って結婚に束縛されたくない、男女の友情(笑)等などを盾に、妻の周りにいつまでも男がチョロチョロしている現代ではなおさらです。

DNA鑑定をしたところで、基本的には誰かが不幸になるわけではないし、出産と同時にDNA鑑定がされることが分かっていれば不倫するタイプの女性の不埒な活動を抑制する事にもつながっていくでしょう。

DNA鑑定を活用し、間男をひっ捕らえる仕組みが整うなら、フェミニストの大好きな女性の再婚禁止期間問題もより良い方向に向かっていくのではないでしょうか。

そういうことで、私は一先ずDNA鑑定を男性の権利とすることを主張したいのです。

政治雑談カテゴリの最新記事