法律学習は暗記よりもまず理解

 

「そんなの当たり前だろ」と思う方はこの記事を読む必要は無いですが、各種論証集や辰巳の趣旨規範本を買って何度も読んで覚えて準備をしようとしている方にこそ読んで頂きたい記事です。

※司法試験関連記事一覧はこちら

暗記よりもまず理解を

司法試験は論証や規範を貼り付ける試験ではありません。一部例外はありますが、判例の言い回しそのままである必要も無いですし、基本的にはキーワードを踏まえつつ判例の理解を示せていれば、少なくとも「規範」部分に関しては合格水準になるハズです。思い出せない部分であっても、そこを何とか自分の言葉で説明して、判例理解の筋論を外していなければ一応の点もつくはずです。むしろ、文脈や具体的事案を踏まえられていない規範の貼り付けは採点委員の忌み嫌う「論証パターン」として著しく点を低くされるでしょう。何と言っても「論証パターン」の撲滅こそが司法制度改革の1つの目的ですから。

具体的にどうするのかは「優秀な」予備校講師に委ねさせて頂くとして、何度も申し上げますが、大切なのはまず理解です。学習していくうちは固有名詞を暗記していこうとするのではなく、可能な限り法を有機的一体の中に位置づけて理解していく事です。僭越ながら、そのうちそれぞれの法律に関する記事を書くときには少し言及致します。

そして、どうしても暗記しないといけないもの、忘れてしまうキーワードは試験直前に論証集や趣旨規範本でチェックすれば良いのです。理解が伴えば単に暗記するよりも覚えやすくなります。

ちなみに申し上げると、論証集や趣旨規範本は、(あくまで主要なものに限り)知識の漏れが無いかどうかの確認、自身の理解をメモする等して「セーブポイント」の為の使用、試験直前の見返し様等、「理解する」学習の補助教材ですので、その辺は間違えないで下さい。

具体例~「危険の現実化」を例に~

ここまで書いておいて具体例無しでは無責任過ぎるので一つ、刑法の因果関係論で出てくる規範の一つ、「危険の現実化」の規範について述べさせて頂きます。

規範

「危険の現実化」の三要素としては、諸説ありますがとりあえず①「実行行為の危険性」、②「介在事情の異常性」、③「介在事情の結果に対する寄与度」で本試験まで臨みました。

これ三つを丸暗記しようとしても、私は暗記が大大大嫌いなので嫌ですし、多分単なる暗記だと本を閉じた瞬間に忘れます。

ちなみに、「相当因果関係説」というのがありますが、ガン無視で大丈夫です。学説の自己満足ここに極まれりと言う感じで、まず実務の処理に使わないです(と、尊敬する先生と、師匠と思う予備校講師が語っています)。私もどんな内容だったか忘れました…。

理解の仕方

事案例

この規範が問題となるのは、

「甲さんが実行行為を行った後に、何かしらの出来事(実行行為によりぐったりしているところを誰かに更に殴られた、実行行為により入院しているときに暴れて傷が悪化した、実行行為たる暴行から逃げ出そうとして交通量の多い道路に飛び出した等)が生じた場合に、実行行為を受けたVが死んでしまった。」

このような事案に置いて、「Vの死の結果を甲に帰責できますか?」という場面です。

解説

規範は最低限の事案とセットで理解して下さい。必ずしも判例のややこしい事案をややこしいまま理解する必要は無いと思います。もちろん規範に限らず、抽象的な物事ほど具体例をセットにした方が良いのは同じです。

話が戻りますが、とにかく「何か変な事があったけど、甲の実行行為に結果を帰責できますか?」というこの問題意識があることを押さえなければなりません。

そこから考えると、①「実行行為の危険性」は、もちろん「実行行為が人が死にかねないメチャクチャ危険な行為だ」というのであれば死の結果は実行行為に帰責されると言い易くなっていきます。

他方で、③「介在事情の結果への寄与度」がメチャメチャ大きく、「介在事情のせいでVが死んだ」となれば、実行行為のせいではない様に思えてきます。

ただ、ここで考慮しないといけないのは②「介在事情の異常性」です。「確かに介在事情のせいで死んだようなもんだけど、その介在事情はその実行行為があれば当然起きそうな事だし、結局悪いのは実行行為じゃない?」となれば、いかに介在事情(つまり実行行為者が行った行為ではない事情)により死んだとしても、結局は「その実行行為が悪いよね」となります。つまり、その「実行行為の持つ危険が、結果として現実化したので、実行行為者の行為に結果が帰責されるよね」となるわけです。

まとめますと、下の図で言えば、「実行行為→結果」は普通に構成要件該当性が認められる原則形態で、介在事情を経由した「実行行為→介在事情→結果」であっても構成要件該当性が認められますよね、という話になります。

応用について

危険の現実化に関しては、特に②「介在事情の異常性」・③「介在事情の結果への寄与度」の程度判定として、どの程度であれば帰責されるのか。これを判例を通じてケースを学ぶのです。

厳密に丸暗記する必要はありません。考慮要素の要点を理解していけば良いのです。

仮に本試験で帰権の現実化を問う問題が出てきたとしたら、自分の知っている判例のケースを思い浮かべながら、本ケースではあんな要素もあるけどこんな要素があるからこういう結論だと淡々と論じていきます。

租税法みたいな採点委員の頭がイカれている科目を除き、現実に存在する判例には言及する必要はありません。

理解が無ければ適切にキーワードを用いる事が出来ないし、事案の問題意識にも気がつきません。丸暗記をするだけではまず合格できないでしょう。

終わりに

理論やケースについて、「理解をベース」に押さえていく事が何よりも重要です。

短答式においても、特にマイナーな判例事案を用いたり、判例事案の一部を変えた事案の射程を問う肢はまさに論文的思考そのままです。ほとんど見た事無い様な条文に関する肢でも、基本的理解があれば「これはなんか違う気がする」という様な感じで肢を切って行くと正当に辿りつく確率が高まります。

とにかく、まずは理解からです。

司法試験カテゴリの最新記事