法科大学院の「学歴」()は「法曹の」経歴に書く必要があるのか

法科大学院の「学歴」()は「法曹の」経歴に書く必要があるのか

「下らない」法科大学院

「法科大学院」と聞くと、司法試験に関係の無い方からは何となく凄い事を学んでいる様な雰囲気を感じてもらえるのかもしれません。

しかし、実体は「劣化版官製予備校」とでも言うべきもので、司法試験合格が喫緊の至上目的のハズなのに、司法試験準備の邪魔になる様な、教授の自己満足みたいな授業の為の予習、おおよそ役に立たない文献読んでのレポート、模擬裁判等の「法曹ゴッコ」等々、基本的に時間のムダが多いです。受かりもしないうちから受かった後の事を考えるのは結構ですが、法科大学院全体で見れば、半分以上が「無駄」ないし「楽しかった(?)」思い出になる訳です。

もちろん、学術も司法試験もどちらに関しても素晴らしい見識をお持ちの教授の先生もいます。ただ、その様な方は予備校でも授業ないし過去問解説をしていたりします。なら予備校で良いじゃないですか。

法科大学院生が「忙しい」のは、学部でありがちな下らない飲み会を予定に入れまくって忙しいとかほざいているしょうもない連中とほぼほぼイコールです。

社会的に不要なダブついた学者の受け皿としての機能、文部科学省の天下り先。そんなものを存続させるために多額の税金を使うのであれば、(法科大学院生との比較において)「わずか」な司法試験合格者の修習期の給付金をもっと手厚くすれば良いのではないか、実務的な事は修習期を今より長くしてその中ですればいいのではないか。そんなこと等を思う訳です。

試験合格までのプロセスを短く、合格から実務までの橋渡しを手厚く、それが素直な帰結になると考えています。

非「法曹」の方々の経歴としての法科大学院

そんな「下らない」法科大学院であろうと、少なくとも「修了」した以上は、毎日飲み会ばかりして就職にも漕ぎ着けた法学部生よりは勉強しているという意味で、書く意味はあるのかもしれません。その知識等が社会的に価値があるかどうかは別として。「法務博士」という有難迷惑な肩書までもれなく付いてきます。

法律事務所の事務員としては役立ちそうです。他にも会社の法務部では、別に会社の法務部の仕事の中でも勉強出来そうですが、一応役に立つんですかね。

いずれにしても、司法試験合格はしていないけれども、法曹的素養はある事の証明として、法科大学院の経歴ないし法務博士の肩書は意味があるのかもしれません。

合格ルートの良し悪しの判定基準の間違い

話を移して、司法試験に通った場合の話になります。司法試験に合格すれば、法科大学院の目標が、実体はどうであれ、達成はされる訳です。

司法試験の合格ランキング的なモノなんてのを見ますと、予備試験合格者を筆頭に、順次法学部が有名な大学が名を連ねています。ただ、なぜこれらが良いかと言えば、つまるところ合格者数と合格率に帰着する訳です。そして私立大学がなるべく低くなるように予備試験合格者を別枠で扱いながらの、合格率に重点を置くのが一般的です。

別に私立大学の味方をするわけではありませんが、形式的にみると、使っている税金の額に比して、より多くの合格者を排出できていそうな私立の方が、ある種社会貢献度が高い様な気がします(笑)。

いずれにせよ、合格率に重点を置くのであれば、初回受験者は合格率が100%な訳です。それに予備試験含めた合格者の大体は何らかの形で司法試験予備校を使ってます。法科大学院として司法試験合格の為に何ができるかと言えば、より予備校に近づけていくか、予備校を利用しやすくするか、禁じ手で慶応・明治のお得意な司法試験問題の漏えいです。

そうだとすれば、「なおさら法科大学院とは一体…」となる訳です。

そもそも、意味をなさない法科大学院の大学名に固執したりするから、地方の法科大学院はどんどん寂れていきますし、そもそも法科大学院に入る為の無駄な努力をしなければなりません。謎の独自色を出している法科大学院の入試問題の対策をする場合は本当に不毛です。

合格までの受験回数で経歴を

結局、現状では司法試験受験資格を取得してから司法試験合格までの受験回数を記載するのが一番ではないでしょうか。「全体的に」考察すれば、少なくとも出身法科大学院を得意げに披露するよりも、何回目受験合格を得意げに披露する方が余程健全です。

予備試験であろうと、本試験よりも論点も分量も少なく、そもそも足切りの段階で「一般教養」と名のついた公務員が好きそうな雑学がかなりの点数を占めていて、マグレ要素が多いです。同じマグレでも、論点も分量も多い本試験での一発合格は、マグレ予備試験合格よりは、確実に価値があります。

と言う事で、予備試験ルートだろうが法科大学院ルートだろうが、司法試験に何回目の受験で合格したかでドヤれば良いのです。

予備試験ルートを誇示したい気持ちも分かりますが、正直法曹としての本質に直結するわけでもないです。瑣末な雑学要素を頭に入れていたかとか、調べれば済む細かい知識を頭に入れていたとか、運が良かったかとか、その程度の差でしかありません。法科大学院にかける時間とお金を節約できただけで良いではないですか。

また、法科大学院の「ドングリの背比べ」における相対的勝者は、受験までに掛けてしまった時間やお金がある分、それを誇示したい気持ちも分かりますし、加えて「自分は良い法科大学院出身だ!」と息巻いてみても、二回目受験合格、三回目受験合格じゃ恰好が付かないからというのもあるでしょう…(笑)

法曹は本質を見なければいけないのに、法科大学院等の「ブラックボックス」に逃げ込むのはいかがなものでしょうか。

ちなみに、「受験回数は偶然の要素が強いからダメだ!」というのは、予備試験、法科大学院入試の方がモロに当てはまるのは少し考えれば分かる事です。

終わりに

以上、色々と書かせて頂きましたが、「法曹としての経歴は司法試験の受験回数で語ろうではないか」、でした。

 

 

法曹業界の色々カテゴリの最新記事